Menu
instagram Facebook

最新5件

※手術の写真を掲載しておりますので、
苦手な方はご注意ください。

犬の膀胱結石
<概要>
本日は犬の膀胱結石についてご紹介します。
膀胱結石とは膀胱内に結石が形成される病態で、犬の膀胱内ではいくつかの種類の結石が形成されます。特にリン酸アンモニウムマグネシウム(通称ストラバイト)結石とシュウ酸カルシウム結石が代表的で、膀胱内にできる結石のほとんどがこの2種類です。
<症状>
結石の違和感を感じて頻尿になったり、膀胱に炎症を引き起こす事で、膀胱炎の症状を呈す可能性があります。
また雄または去勢済みの雄の犬では、膀胱からペニスにかけての尿道が雌よりも狭く長い為に、結石が尿道内に閉塞して排尿困難になりやすいです。


<治療>
ストラバイト結石は一般的に尿中のPhがアルカリ性に傾くと形成されやすくなります。治療は、専用の泌尿器系のフードを用いる事で、尿のPhが中性から弱酸性に傾き、結石を溶かす事が可能な場合があります。通常ストラバイト結石は、尿路感染後に 起こる感染誘発性の事が多く、尿路感染治療も併せて重要になります。 対して、シュウ酸カルシウム結石を溶かすことは基本的には難しいです。 シュウ酸カルシウム結石は内科的治療が難しい為、症状がある場合は外科手術での摘出が適応となります。当院では一般的に行われている腹部開腹手術に 加え、お腹に約1cm大の小さな切開を数カ所加え、そこからカメラと専用器具用いて手術を行う、腹腔鏡手術での摘出も行っています。腹腔鏡手術の利点としてまず開腹手術に比べ侵襲性が低い事が挙げられます。麻酔からの覚め方次第では手術当日の日帰り退院も可能になります。また数多くの結石が形成 された際にカメラで膀胱や尿道の中を観察することで結石を取り残さない、という点も、利点として挙げられます。

もし結石の手術でお悩みの方は気軽にご相談ください。
動物医療センター赤坂
獣医師 西田
矢印は腹腔鏡カメラ越しに見た膀胱結石です。
専用器具を用いて結石を摘出しています。